ブログ

ブログ

12月6日の当院で開催されるバイオホライズンインプラントセミナーですが

12月6日の当院で開催されるバイオホライズンインプラントセミナーですが、骨移植については腸骨、脛骨のPCBM、サドルグラフト、ベニアグラフト、スプリットクレストなどの自家骨移植が時間の経過でどの程度吸収するのか、また、Bio-Ossの単体使用、自家骨とのブレンド、バリアメンブレンの種類や有無で結果にどのような差が出るのか、チタッメッシュの有用性など、あれこれやってみて、どのレベルならどの材料や技法を使うのが良いのか?という臨床的な私見を述べさせてもらいます。

左上中切歯部に欠損があります。

抜歯して半年経過すると歯槽骨幅は半分以下になります。

粘膜骨膜弁を剥離した状態です。

欠損部の歯槽骨の唇側の位置は両隣在歯の歯髄の中央を結んだラインより舌側にいちしています。残存している歯槽骨幅では直径3mmのインプラントを埋入することも難しいというのが実情です。

今回は下顎大臼歯部頬側の頬棚部よりブロック骨を切り出して移植します。成功のポイントは弁が緊張の無い状態で縫合されることが重要です。その為には減張切開を行います。減張切開の程度は弁を牽引して両隣在歯が隠れるレベルまで行うことが重要です。先に移植床を作ります。

ピエゾサージェリーで下顎大臼歯部頬側の頬棚部よりブロック骨を切り出します。

移植床の軟組織を完全に除去し、移植骨ブロックが安定する形態に移植床を形成します。

移植ブロックを適合させます。

このような鞍状に載せますので、サドルブロックとか、Jブロック移植と呼ばれます。

2本のスクリューで固定します。

咬合面観です。

周囲はBio-ossを血餅で練った移植材料を設置します。

吸収性メンブレンを隣在歯に接触しない状態で設置します。

縫合が終了した状態です。

2015年12月6日に当院で開催されるバイオホライズンインプラントセミナーですが

2015年12月6日に当院で開催されるバイオホライズンインプラントセミナーですが、模型実習でバイオホライズンインプラントの埋入実習と、他社インプラントに比較して圧倒的なアドバンテージのある特徴を活かした使用方法や、骨移植の考え方、インプラントの使い分け、サイナスリフト時にシュナイダーメンブレンが破れた時の対処法などをお話しする予定です。

上の写真はラテラルアプローチでサイナスリフトを行なっている写真ですが、シュナイダー膜が破れてしまい、上顎洞内の口蓋側が見える状態です。

頬側の上顎洞側壁にドリルで小さな穴を開け、破れてしまったシュナイダー膜を縫い付けます。

残っているシュナイダー膜の穴はコラーゲンスポンジで閉鎖します。

血餅でバイオスを混ぜた混合物を奥から順番に詰めていきます。

縫合が終わった状態です。

随分前に当院で行ったザイゴマインプラント

随分前に当院で行ったザイゴマインプラントですが、治療後患者さんがメインテナンスをサボっていて、インプラント周囲炎から上顎洞炎を起こしてしまいました。ザイゴマインプラント自体はインテグレーションしていたのですが、ザイゴマインプラントを撤去して7.5mmの短いバイオホライズンインプラントに置き換えました。この7.5mmの短いインプラントですが、既に100本以上機能していますが、問題が起きません。このオルソを見ていただくと、上顎前歯部の歯槽骨に吸収が起こっており、やはりタイユナイトは感染に弱いことを実感します。講習会当日は、このバイホライズンインプラントだからこそ可能になる術式なども御紹介させていただきます。

バイオホライズンインプラントのセミナーを行います

2015年12月6日に当院でバイオホライズンインプラントのセミナーを行います。バイホライズンインプラントはレーザーロックというインプラント周囲炎を抑制するシステムを持つインプラントですが、非常に貧弱な骨質でも確実に強固な初期固定を得ることができるマクロデザインを有したインプラントです。また、ノーベルバイオケア社のマルチユニットアバットメントと互換性のあるアバットメントを純正で供給しており、フルアーチを連結するAll-on-4形式の即時負荷に対して最高のパフォーマンスを発揮することが可能なインプラントです。当日は、この即時負荷、All-on-4に重点を置いた講演を行う予定です。
当日は、この即時負荷に重点を置いた講演を行う予定ですが、GBRとサイナスリフトでシュナイダー膜が破れた時の対処法などもお話しする予定です。
ついでと言ってはなんですが、腸骨移植や脛骨移植の術式と経過も提示させていただきます。
下記の症例は全身麻酔下で腸骨からPCBMを採取し、萎縮した上顎前歯部の骨造成を行なった症例です。

切開ラインの設定ですが、中等度の顎堤増大の場合は唇側よりの歯槽頂切開で行いますが、今回は大量の骨を移植しますので、粘膜部に切開ラインを設定します。

粘膜骨膜弁を剥離した状態ですが、複数歯に渡って歯槽骨がペラペラに薄くなっていることが分かります。

腸骨のPCBMを固定する為のチタンメッシュを、移植骨を入れる概形を想定して屈曲します。

腸骨より採取したPCBMを歯槽骨とチタンメッシュとの間に詰めていきます。

腸骨のPCBMをチタンメッシュの中に充填した状態です。

縫合が終了した状態ですが、残存歯支台の頂上が見えなくなるくらいの大量の骨が充填されました。

術後のパノラマレントゲン写真です。

PCBM移植後4ヶ月経過した状態です。

歯槽堤は高い位置に造成されました。

チタンメッシュを除去します。

骨はしっかりできています。

チタンメッシュを剥離しますと、チタンメッシュの下部には骨膜が形成され、その下には硬い皮質骨ができています。

全ての部位に歯槽骨が造成されました。

術前のシンプラント画像ですが、歯槽骨の幅が狭いことが分かります。

チタンメッシュを除去した後の術後のシンプラント画像ですが、歯槽骨の幅が広くなっておりインプラントを埋入する十分な骨幅が確保できています。

術前のインプラントシュミレーションですが、インプラントが歯槽骨内に収まらず、露出しています。

術後の3Dですが、十分な量の骨が造成されています。

チタンメッシュを除去後3ヶ月の状態ですが、歯槽骨はインプラントを埋入する十分な骨幅が確保できています。

ジーシーインプラントを埋入した状態です。

ヒーリングキャップを装着しました。

ヒーリングキャップを装着した上に、インプラントホールから採取した自家骨を載せます。

その上に、オシックスという、吸収性バリアメンブレンを設置します。

縫合が終了した状態です。

治療終了時のパノラマレントゲン写真です。

治療終了時のデンタルレントゲン写真です。

バイオホライズンインプラントのセミナーを行います

2015年12月6日に当院でバイオホライズンインプラントのセミナーを行います。バイホライズンインプラントはレーザーロックというインプラント周囲炎を抑制するシステムを持つインプラントですが、非常に貧弱な骨質でも確実に強固な初期固定を得ることができるマクロデザインを有したインプラントです。また、ノーベルバイオケア社のマルチユニットアバットメントと互換性のあるアバットメントを純正で供給しており、フルアーチを連結するAll-on-4形式の即時負荷に対して最高のパフォーマンスを発揮することが可能なインプラントです。当日は、この即時負荷、All-on-4に重点を置いた講演を行う予定です。以下の症例はバイオホライズンインプラントを用いてインプラント埋入同時GBRを行なった症例です。

側切歯にはパーフォレーションによる歯根吸収と骨吸収が認められます。

根尖部には瘻孔からの排膿が認められます。

GBRを成功に導く為には、抜歯と搔爬を行い、創が治癒するのを待ちます。

軟組織は治癒しています。

欠損部に対して水平切開と垂直切開を加えます。この症例では欠損遠心部の歯間乳頭を作りたいので、最終的には弁の縫合位置を歯冠側にずらして縫合するので垂直切開を45度に設定し、犬歯の歯頸部が露出することを防ぐ為、犬歯の正中からわずかに近心にずらした位置に切開ラインを設定しています。

近心には垂直切開を加えません。粘膜骨膜弁を剥離すると、以前歯根があった場所には不良肉芽が存在します。

ダイセクターなどの先が尖った剥離子や鋭匙を用いて骨面上にある軟組織を徹底的に取り除きます。

骨面上の軟組織を取り除いた状態です。

ここでは、ストローマン社のゴニックスシステムを用いてコンピュータサージカルガイドを用いてインプラントホールを形成しました。

インプラントを埋入しました。インプラントのプラットフォームは唇側に最終的に骨が出来る位置の3~5mmの位置に埋入します。

背の高いヒーリングアバットメントを装着しました。

GBRを行うのにあたり、唇側にスペースを確保する為、骨折用プレートを設置しました。

自家骨と骨補填材の混合物を血餅で練って欠損部に設置します。

バリアメンブレンを歯根に接触しないように1mm以上離れた位置に設置します。

縫合が終わった状態ですが、遠心部は高い位置に縫合しました。弁はゴアテックス糸(白い糸)4-0で水平マットレス縫合を行なった上で、細いモノフィラメント糸で単純縫合を行います。

補綴物装着時のデンタルレントゲン写真

補綴終了時の口腔内写真

豚顎を用いてインプラント手術の実習を行いました

本日は豚顎を用いてインプラント手術の実習を行いましたが、非常に状態の良い豚顎と骨でした。

バイオホライズンインプラントのセミナーを行います

2015年12月6日に当院でバイオホライズンインプラントのセミナーを行います。バイホライズンインプラントはレーザーロックというインプラント周囲炎を抑制するシステムを持つインプラントですが、非常に貧弱な骨質でも確実に強固な初期固定を得ることができるマクロデザインを有したインプラントです。また、ノーベルバイオケア社のマルチユニットアバットメントと互換性のあるアバットメントを純正で供給しており、フルアーチを連結するAll-on-4形式の即時負荷に対して最高のパフォーマンスを発揮することが可能なインプラントです。当日は、この即時負荷、All-on-4に重点を置いた講演を行う予定です。以下の症例はバイオホライズンインプラントを用いて上下のAll-on-4を行なった症例です。

バイオホライズンインプラントのセミナーを行います

2015年12月6日に当院でバイオホライズンインプラントのセミナーを行います。バイホライズンインプラントはレーザーロックというインプラント周囲炎を抑制するシステムを持つインプラントですが、非常に貧弱な骨質でも確実に強固な初期固定を得ることができるマクロデザインを有したインプラントです。また、ノーベルバイオケア社のマルチユニットアバットメントと互換性のあるアバットメントを純正で供給しており、フルアーチを連結するAll-on-4形式の即時負荷に対して最高のパフォーマンスを発揮することが可能なインプラントです。当日は、この即時負荷、All-on-4に重点を置いた講演を行う予定です。以下の症例はバイオホライズンインプラントを用いて上下のAll-on-4を行なった症例です。

バイオホライズンインプラントのセミナーを行います

2015年12月6日に当院でバイオホライズンインプラントのセミナーを行います。バイホライズンインプラントはレーザーロックというインプラント周囲炎を抑制するシステムを持つインプラントですが、非常に貧弱な骨質でも確実に強固な初期固定を得ることができるマクロデザインを有したインプラントです。また、ノーベルバイオケア社のマルチユニットアバットメントと互換性のあるアバットメントを純正で供給しており、フルアーチを連結するAll-on-4形式の即時負荷に対して最高のパフォーマンスを発揮することが可能なインプラントです。当日は、この即時負荷、All-on-4に重点を置いた講演を行う予定です。以下の症例はバイオホライズンインプラントを用いて上下のAll-on-4を行なった症例です。