新型コロナ感染予防対策
ブログ

ブログ

Biomet3iフランスシンポジウムの報告原稿の校正

先週パリで開催されたBiomet3iフランスシンポジウムの報告原稿の校正が終わりました。クインテッセンス・デンタル・インプラントロジーに掲載予定です。

Biomet3iインプラント社のシンポジウムに参加しました

パリでのBiomet3iインプラント社のシンポジウムに参加しました。成瀬先生の講演に会場から素晴らしい声援が贈られました!
今回のBiomet3iのシンポジウムは1月にマドリードで行われたヨーロッパシンポジウムとは違い、基本的にはフランス人のインプラントジストを対象としたシンポジウムだ。その為会場は比較的小さく、講演はフランス語と英語の同時通訳で行われる。Biomet3i社は歯科インプラント市場ではイタリアやスペイン、ポルトガルではナンバーワンのシェアを誇るが、世界的にもナンバー4の巨大インプラント企業だ。今回のシンポジウムの演者に日本から成瀬先生が選ばれた。彼は山形で開業している開業医だが骨造成については傑出した才能を持っている。下顎臼歯部の骨造成は垂直的に5mm程度が限界とされているが、彼は10mm以上の垂直的骨造成の臨床ケースを幾つも示し、その分類と治療に対する考え方などをフランスのインプラントジスト達に披露した。彼の講演は午後のスタート直後で講演開始時間が遅れ、司会の先生から講義を短縮するように要請があったが、彼は壇上でその要請に抗議し、講演を最後まで終わらせた。講演内容の素晴らしさや、彼の診療、講演に対する篤い想いが全聴衆に伝わり会場は熱気で溢れた。彼が当初与えられた1時間の講演を堂々とこなし終えたとき、会場からは惜しみの無い大きな拍手がなり続いた。今回のシンポジウムでは圧倒的に一番支持された講演だった。私は同じ日本人インプラントロジストとして非常に誇らしい思いで嬉しかった。

宣伝です!

宣伝です! こんど、名古屋ヨシダのCTユーザーミーティングで講演させていただきます。

注釈)私はインプラントメーカー各社のメーカー認定講師を拝命していますが、他にシムプラントというインプラントの埋入シュミレーションソフトとCT装置のメーカー認定講師も拝命しています。インプラント治療で一番重要なのは診断と治療プランの立案です。その為に現代のインプラント治療は手先の技術だけではなく、CT画像の読影やインプラント埋入のコンピュータシュミレーションソフトに精通していることが必要なのです。

昨日の仕事その2

この症例では上顎結節部に十分な長さのインプラントを埋め初期固定を得ることができましたので、前方の4本のインプラントと連結して仮歯を即時荷重させました。

注釈)この日の私の医院でのインプラント治療は上下顎のAll-on-4でした。All-on-4はリスボンのパウロ・マロが傾斜インプラントを用い、インプラント埋入した当日に固定式の仮歯を装着するというコンセプトにあり、インプラント本数については最低4本ということで、何が何でも4本のインプラントだけで済ませるという治療法ではありません。一般的に下顎は骨質が良好で十分な長さのインプラントを適応できる場合が多いので4本のインプラントでAll-on-4を行う場合が多いのですが、上顎は骨質が悪く、十分な長さのインプラントを用いることが難しい場合が多いので、6本から8本のインプラントを用いることが一般的です。日本口腔インプラント学会の治療指針でも上顎においては6本から8本のインプラントを用いることが推奨されています。

昨日の仕事その1

この症例では上顎結節部の骨の骨質が著しく悪かったので、また、前方部に長いインプラントを埋入することが出来たので、上顎結節部より前方の左右第一大臼歯部にサイナスリフトとインプラント埋入を行いました。この部位は既存骨の厚みが薄く十分な初期固定を得ることが出来なかったので待時荷重としました。

注釈)この日の私の医院でのインプラント治療は上下顎のAll-on-4でした。All-on-4はリスボンのパウロ・マロが傾斜インプラントを用い、インプラント埋入した当日に固定式の仮歯を装着するというコンセプトにあり、インプラント本数については最低4本ということで、何が何でも4本のインプラントだけで済ませるという治療法ではありません。一般的に下顎は骨質が良好で十分な長さのインプラントを適応できる場合が多いので4本のインプラントでAll-on-4を行う場合が多いのですが、上顎は骨質が悪く、十分な長さのインプラントを用いることが難しい場合が多いので、6本から8本のインプラントを用いることが一般的です。日本口腔インプラント学会の治療指針でも上顎においては6本から8本のインプラントを用いることが推奨されています。

昨日の仕事

昨日の仕事

注釈)昨日の私の医院でのインプラント治療は上下顎のAll-on-4でした。All-on-4はリスボンのパウロ・マロが傾斜インプラントを用い、インプラント埋入した当日に固定式の仮歯を装着するというコンセプトにあり、インプラント本数については最低4本ということで、何が何でも4本のインプラントだけで済ませるという治療法ではありません。一般的に下顎は骨質が良好で十分な長さのインプラントを適応できる場合が多いので4本のインプラントでAll-on-4を行う場合が多いのですが、上顎は骨質が悪く、十分な長さのインプラントを用いることが難しい場合が多いので、6本から8本のインプラントを用いることが一般的です。日本口腔インプラント学会の治療指針でも上顎においては6本から8本のインプラントを用いることが推奨されています。

実習付き3Dプリンタとインプラントの講演会がありました

昨日は私の医院でヨシダが主催する実習付き3Dプリンタとインプラントの講演会がありました。今回は2年前に六本木ヒルズで行なった私の講演した内容が非常に好評だったので実習付きのセミナーとなりました。非常にマニアックな内容の講習でしたので受講生が集まるか心配でしたが、佐賀、東京、埼玉などから全国から集まり満席となりました。

インプラント手術のカンファレンスに参加しました

今日は休診日だったが、嘱託医をしている中部労災病院のインプラント手術のカンファレンスに参加しました。レントゲン写真のザイゴマインプラントは以前私が埋めたもの。

注釈)私は中部労災病院の口腔外科で鈴木部長の下で7年間毎週インプラント手術スタッフとして勉強させていただきました。