新型コロナ感染予防対策
ブログ
ブログ

ブリッジと比較してインプラント治療の良いところ

ブリッジと比較してインプラント治療の良いところは、問題の無い歯は触らずに欠損部に歯を作ることができることです。ブリッジは欠損部の隣在歯を削らないと出来ない場合が多いのです。この患者さんの場合、下顎はAll-on-4で治療を終了し、上顎も安定した予後が望めない残存歯を抜歯してAll-on-4にするという治療もありますが、人工歯をスーパーボンドで仮に固定した前歯と右側臼歯が問題なく使用できていたので、左上の欠損部だけインプラントを行うことになりました。その状態で数年経過していますが、問題なく普通に使用できているようです。

注釈)ブリッジ対するインプラント治療の優位な点は欠損部以外の歯牙を削る必要が無いということです。しかし残存歯が健全歯であっても咬合高径が低下していたり、顎位に問題がある場合は、残存歯を削って補綴することが必要な場合も珍しくありません。