ブログ
ブログ

この症例は最終的には下顎の親知らずを抜歯して

この症例は最終的には下顎の親知らずを抜歯して、上顎を後方部まで補綴する予定だったのですが、患者さんが後から「やっぱり親知らずは抜きたく無い」と宣うので、上顎奥のインプラントはスリープとなりました。

注釈)この患者さんは友人の歯科医師からの紹介で上顎にAll-on-4を行いました。下顎のインプラントや補綴は紹介元の先生の仕事です。上顎の上顎洞前方のインプラントの埋入位置が上顎洞が前方に張り出していた為、標準的な位置より前方になったので力学的配慮から上顎結節部にもインプラントを埋入しましたが、下顎の左右の親知らずが既に補綴処置がしてあり、患者さんが抜歯を望まなかったので、上顎結節部のインプラントは今後問題が起こった時のスペアインプラントとしてスリーピングすることになりました。