ブログ
ブログ

リコール時のパノラマレントゲン写真です

リコール時のパノラマレントゲン写真です。全体として大きな問題は起こっていませんが、上顎の前歯部の歯槽骨には吸収が認められます。

当院では患者さんが訴える異常がない場合でも1年に一回、定期健診時に口腔内写真とレントゲン写真、CTを撮影し、変化が起こっていないかチェックします。インプラントと歯の一番大きな違いは、歯には歯根膜があり、健康であれば歯槽骨の吸収が起こりませんが、歯根膜の無いインプラントは異常が無くても生理的な骨の吸収を食い止めることは出来ません。また、インプラント周囲炎などが起きると短期間で大量の骨吸収をおこすことがありますが、それは肉眼的には分からないので、レントゲン写真やCTで確認する必要があります。