ブログ
ブログ

無歯顎フルアーチ即時負荷システムの講習会

ストローマンインプラントを使用した無歯顎フルアーチ即時負荷システムの講習会の宣伝です。

当院ではインプラントメーカー各社のインプラントを使用してAll-on-4を行なってきました。ストローマンインプラントはボーンレベルインプラントが発売当初からAll-on-4を行なってきましたが、当初はテーパードインプラントが無かったり、高トルクでの埋入を行うとインプラントマウントがインプラントに食い込んでしまい外れなくなるなどAll-on-4には向いていないインプラントでしたが、その後、BLTが発売されSRAアバットメントが発売になり、全てのインプラントのインプラントマウントが新タイプに変更になり、長いインプラントも発売になり、現在ではAll-on-4に対して十分なソリューションが整備され、特に、直径の小さいSRAアバットメントの発売など、他のメーカーには無い様な便利で有効な製品も発売されています。世界No1シェアを誇る歴史あるインプラントメーカーのインプラントで行われるAll-on-4は従来の歴史あるテッシュレベルインプラントに変わって次世代のストローマンインプラントの姿であると期待できます。今回はストローマンインプラントでAll-on-4を行おうと考えている先生方にAll-on-4の考え方の基本を学んでいただくセミナーです。ストローマンユーザーでAll-on-4をやってみたい先生や、他メーカーからストローマンに乗り換えたい先生などは是非、御参加下さい。

All-on-4を売り出したのはNobelBiocare社でパウロ・マロの考えでは無歯顎症例の内、通常のAll-on-4で対応が可能なのは全体の85%で残りの15%はザイゴマインプラントを使用するか大掛かりな骨移植が必要とのことでした。

しかし、ザイゴマインプラントには別の問題がありますし、大掛かりな骨移植(腸骨移植)をしたくは無い訳です。またタイユナイトはインプラント周囲炎に対するリスクが高いと言われています。そんな訳で、NobelBiocare社以外のコンセプトでAll-on-4は出来ないものか?と多くのメーカーでいろいろなトライをしました。

しかし、ザイゴマインプラント程長く無いにしても、先端が食い込むタイプで18mmの長さのインプラントが必要なケースは少なくありません。ところが、先端が食い込むタイプで18mmの長さのインプラントを出しているメーカーはNobelBiocare社以外ではほとんど無いのが現実です。そんな中でストローマン社は18mmの長さのインプラントを追加してきました。つまり、All-on-4用のインプラントとして成立することを目標にしている訳です。

下の写真は下顎をCT値で色分けした図ですが、18mmの長さがなければAll-on-4に適した埋入トルクを得ることができません。そこで、ストローマンインプラントを選択することになりました。下顎前歯部だからと言って必ずしも骨質が良い訳では無いのです。

今回は歴史と実績があり、多くの歯科医師が使用しているストローマンインプラントでAll-on-4行う為のAll-on-4の基本的な考え方をお話しします。