新型コロナ感染予防対策
ブログ
ブログ

バイオホライズンインプラントのセミナーを行います

2015年12月6日に当院でバイオホライズンインプラントのセミナーを行います。バイホライズンインプラントはレーザーロックというインプラント周囲炎を抑制するシステムを持つインプラントですが、非常に貧弱な骨質でも確実に強固な初期固定を得ることができるマクロデザインを有したインプラントです。また、ノーベルバイオケア社のマルチユニットアバットメントと互換性のあるアバットメントを純正で供給しており、フルアーチを連結するAll-on-4形式の即時負荷に対して最高のパフォーマンスを発揮することが可能なインプラントです。当日は、この即時負荷、All-on-4に重点を置いた講演を行う予定です。
当日は、この即時負荷に重点を置いた講演を行う予定ですが、GBRとサイナスリフトでシュナイダー膜が破れた時の対処法などもお話しする予定です。
ついでと言ってはなんですが、腸骨移植や脛骨移植の術式と経過も提示させていただきます。
下記の症例は全身麻酔下で腸骨からPCBMを採取し、萎縮した上顎前歯部の骨造成を行なった症例です。

切開ラインの設定ですが、中等度の顎堤増大の場合は唇側よりの歯槽頂切開で行いますが、今回は大量の骨を移植しますので、粘膜部に切開ラインを設定します。

粘膜骨膜弁を剥離した状態ですが、複数歯に渡って歯槽骨がペラペラに薄くなっていることが分かります。

腸骨のPCBMを固定する為のチタンメッシュを、移植骨を入れる概形を想定して屈曲します。

腸骨より採取したPCBMを歯槽骨とチタンメッシュとの間に詰めていきます。

腸骨のPCBMをチタンメッシュの中に充填した状態です。

縫合が終了した状態ですが、残存歯支台の頂上が見えなくなるくらいの大量の骨が充填されました。

術後のパノラマレントゲン写真です。

PCBM移植後4ヶ月経過した状態です。

歯槽堤は高い位置に造成されました。

チタンメッシュを除去します。

骨はしっかりできています。

チタンメッシュを剥離しますと、チタンメッシュの下部には骨膜が形成され、その下には硬い皮質骨ができています。

全ての部位に歯槽骨が造成されました。

術前のシンプラント画像ですが、歯槽骨の幅が狭いことが分かります。

チタンメッシュを除去した後の術後のシンプラント画像ですが、歯槽骨の幅が広くなっておりインプラントを埋入する十分な骨幅が確保できています。

術前のインプラントシュミレーションですが、インプラントが歯槽骨内に収まらず、露出しています。

術後の3Dですが、十分な量の骨が造成されています。

チタンメッシュを除去後3ヶ月の状態ですが、歯槽骨はインプラントを埋入する十分な骨幅が確保できています。

ジーシーインプラントを埋入した状態です。

ヒーリングキャップを装着しました。

ヒーリングキャップを装着した上に、インプラントホールから採取した自家骨を載せます。

その上に、オシックスという、吸収性バリアメンブレンを設置します。

縫合が終了した状態です。

治療終了時のパノラマレントゲン写真です。

治療終了時のデンタルレントゲン写真です。