新型コロナ感染予防対策
治療例から学ぶ

下顎崩壊症例(2)

下顎の歯周病が上顎より進行しているケース

初診時

現代では歯周病治療も進化してきていますが、根尖部まで歯槽骨が骨吸収している歯牙の保存は困難であるだけで無く、隣在歯を支持する歯槽骨を吸収してしまう為、ワイヤーなどで結紮していたずらに保存することは問題があります。この症例では下顎の歯周病が上顎より進行していて歯牙に動揺によって咀嚼困難な為、下顎のAll-on-4(オールオン4)の治療を先行し、上顎は根尖部まで歯槽骨が骨吸収していた左側大臼歯を抜歯し、経過観察することにしました。

パノラマレントゲン写真
レントゲン写真

初診時顔貌
初診時口元
初診時正面観
初診時アンテリアガイダンス
初診時右側方面観
初診時左側方面観

初診時顔貌
初診時口元
初診時正面観
初診時アンテリアガイダンス
初診時右側方面観
初診時左側方面観

初診時上顎咬合面観
初診時下顎咬合面観

下顎のAll-on-4(オールオン4)インプラント埋入直後

パノラマレントゲン写真

手術時下顎咬合面観

手術時下顎咬合面観

手術写真

切開をし、粘膜骨膜弁を剥離します。

手術写真

インプラント埋入は既存歯に支持を求めた歯牙支持タイプのコンピューターサージカルガイドを用いて行います。

手術写真

インプラント埋入が終了した状態の下顎咬合面観

手術写真

手術当日に仮歯が装着された状態の下顎咬合面観

手術当日に仮歯装着

この時点では臼歯部は一切咬合させないことが重要です。

手術当日に仮歯が装着された顔貌
手術当日に仮歯が装着された口元
手術当日に仮歯が装着された前方面観
手術当日に仮歯が装着された前歯の状態
手術当日に仮歯が装着された状態の右側方面観
手術当日に仮歯が装着された状態の左側方面観

手術当日に仮歯が装着された顔貌
手術当日に仮歯が装着された口元
手術当日に仮歯が装着された前方面観
手術当日に仮歯が装着された前歯の状態
手術当日に仮歯が装着された状態の右側方面観
手術当日に仮歯が装着された状態の左側方面観

手術当日に仮歯が装着された状態の下顎咬合面観
手術当日に仮歯が装着された状態の下顎咬合面観

パノラマレントゲン写真
インプラントのアバットメントに印象用コーピングを装着し印象を採得しました。この印象は最終印象では無く、印象用のコバルトクロムで鋳造した患者さん個人の為の印象用フレームを製作する為の印象です。印象用コーピングを装着した際に、印象用コーピングがアバットメントに完全に装着されていることをパノラマレントゲン写真で確認してから印象採得を行います。

パノラマレントゲン写真
技工所に発注したコバルトクロムで鋳造された印象用のフレームが出来上がってきたので、パノラマレントゲン写真で印象用コーピングが浮いていないことをパノラマレントゲンで確認した後、鋳造印象用フレームと個々の印象用コーピングとをパターンレジンで固定し、上からシリコン印象材でオーバーインプレッションを行います。

手術当日に仮歯が装着された状態の下顎咬合面観
メタルフレーム試適

最終補綴物装着

パノラマレントゲン写真
デンタルレントゲン写真

最終補綴物装着時の顔貌
最終補綴物装着時の口元
最終補綴物装着時の正面観
最終補綴物装着時の正面観
最終補綴物装着時のアンテリアガイダンス
最終補綴物装着時の右側方面観
最終補綴物装着時の左側方面観

最終補綴物装着時の顔貌
最終補綴物装着時の口元
最終補綴物装着時の正面観
最終補綴物装着時の正面観
最終補綴物装着時のアンテリアガイダンス
最終補綴物装着時の右側方面観
最終補綴物装着時の左側方面観

最終補綴物装着時の上顎咬合面観

最終補綴物装着時の下顎咬合面観

リスク・副作用、費用について

リスク・副作用

この症例も上下顎とも歯周病が進行していますが、患者さんの希望により、上顎は動揺度が極端に酷い歯のみを抜歯し、後は経過観察することにしました。下顎については通常のAll-on-4を行いました。

費用

下顎230万円