治療例から学ぶ

上下顎崩壊症例(5)

無歯顎の上顎からAll-on-4(オールオン4)を行なったケース

治療前

パノラマレントゲン写真
レントゲン写真

口元写真
口元写真
口元写真

口元写真
口元写真
口元写真

口腔内写真
口腔内写真

欠損補綴において従来は可撤式義歯、いわゆる「入れ歯」が一般的だが、この「入れ歯」には「噛みにくい」ということ以外に大きな問題がある。
この患者さんは、上顎は左上に残根があるが、その残根をカバーする総義歯を装着している。一方下顎だが、右側にはブレードタイプの古いインプラントが歯牙と連結された状態で機能している。下顎前歯は根面板が装着されているが、3本中2本の根面板は既に脱離してしまっている。

パノラマ写真を見ると左下の歯槽骨が下顎管直上まで著しく吸収している。
このように可撤式義歯、いわゆる「入れ歯」を使用すると、歯槽骨が吸収してしまうのだ。特に入れ歯の噛み合う相手が歯やインプラントだったり、入れ歯だったりしても、その下に歯牙の根っこが残っている場合は、破壊的な歯槽骨の吸収をおこすことが多いのだ。

この患者さんは先ずは無歯顎の上顎からAll-on-4(オールオン4)を行なった。

手術過程

パノラマレントゲン写真

手術写真
手術写真
手術写真

手術写真
手術写真
手術写真

口元写真(拡大)
口元写真

All-on-4(オールオン4)

ノーベルバイオケア社のアクティブインプラントとスピーディーグルービーインプラントを使用

口元写真
All-on-4(オールオン4)のメリットは1日で動かない外観の良い仮歯を提供できることだ。使用されたインプラントはノーベルバイオケア社のアクティブインプラントとスピーディーグルービーインプラントを使用した。

パノラマレントゲン写真
上顎インプラント埋入6ヶ月後、全てのインプラントのオッセオインテグレーションを確認した。しかし、患者の糖尿病が悪化した為、下顎の治療は3年間延期された。

パノラマレントゲン写真

下顎にストローマン社のBLTインプラントを使用

手術写真
手術写真
手術写真
手術写真
手術写真
手術写真

手術写真
手術写真
手術写真
手術写真
手術写真
手術写真

下顎は歯肉の剥離量が少ないコンピュータサージカルガイドを用いて行われた。使用したインプラントはストローマン社のBLTインプラントを使用した。

パノラマレントゲン写真

パノラマレントゲン写真

上下のインプラントの印象用鋳造フレームを製作する為の印象

パノラマレントゲン写真

インデックス用の鋳造フレームと印象用コーピングをパターンレジンで固定し、上からオーバーインプレッションを行います。

パノラマレントゲン写真

メタルフレーム試適

最終補綴物装着

パノラマレントゲン写真

レントゲン写真

最終補綴物装着(口元)
最終補綴物装着(口元拡大)
最終補綴物装着(口元拡大)
最終補綴物装着(口元拡大)
最終補綴物装着(横口元拡大)
最終補綴物装着(横口元拡大)
最終補綴物装着(口腔内)
最終補綴物装着(口腔内)

最終補綴物装着(口元)
最終補綴物装着(口元拡大)
最終補綴物装着(口元拡大)
最終補綴物装着(口元拡大)
最終補綴物装着(横口元拡大)
最終補綴物装着(横口元拡大)
最終補綴物装着(口腔内)
最終補綴物装着(口腔内)

リスク・副作用、費用について

リスク・副作用

この症例のリスクは患者さんが糖尿病患者であったことと、既に下顎にインプラントが埋入してあったことです。下顎のインプラントは撤去も考えましたが、長期の使用にかかわらず問題無く機能していたこと、レントゲン的に問題が認められないことから保存したことです。

このようなフルマウスのインプラント治療は治療によって顎位置や咬合高径、咬合平面の変更が可能なことですが、今回のように部分的に歯牙やインプラント補綴物を残すと、それによって顎位置や咬合高径、咬合平面の変更が制限されるという副作用があります。

費用

上顎300万円、下顎230万円